2歳におすすめの絵本を紹介|読み聞かせに人気、誕生日・クリスマスプレゼントにも最適

2歳になると言葉も増えてきて、子供との会話も楽しい時期となってくる頃ですよね。

今回は、2歳の男の子・女の子におすすめの読み聞かせ絵本をご紹介します。

時計を学ぶ本、食べ物を学ぶ本、子供の好奇心を試される本、おばけの本、乗り物の本など幅広くご紹介していきます。

毎日の読み聞かせにはもちろん、ギフトにも喜ばれそうなおすすめの本をまとめています。絵本があまり好きではない!という子供も、きっとはまる本をご紹介するのでぜひこの機会に手にとってみてくださいね!


とけいのほん1(幼児絵本シリーズ)

ちび(短針)とのっぽ(長針)は、協力してどんぐりぼうやに時間を教えてくれるストーリーで、何度も読んでいるうちに時計や数字が読めるようになったと評判の本。物語とクイズが両方混じっているので、楽しみながら時計を学べる1冊。

サンドイッチ サンドイッチ(幼児絵本シリーズ)

「サンドイッチを作ろう!」をテーマにパンにバターを塗って、レタス、トマト、チーズ、その次は何をのせようかな?と、つぎつぎにおいしい食べ物が登場する。描かれている絵はどれも色鮮やかでみずみずしく、思わず食べたくなってしまいそう!小さい子供が「食べる」ことを楽しみながら学べる1冊。

わにわにのおでかけ(幼児絵本シリーズ)

わにが町に出かけて、縁日やお祭りを楽しむユニークなストーリー。お祭りの楽しい雰囲気が伝わってくるので親子で楽しめる。わにが不思議と町にとけこんでいる温かみのある1冊。

もりのおふろ(幼児絵本シリーズ)

森のおふろにライオン、ゾウ、ワニ、ブタなどが次々とやってきて、みんなでお風呂を楽しむストーリー。背中を流したり、おふろへドボーンと入ったり、ゆっくりお湯につかったりと極楽気分を味わえる1冊。「ごしごししゅっしゅごしごししゅっしゅあぶくぶくぶくごしごししゅっしゅ」というリズミカルな音が、子供にお風呂の楽しさを教えてくれる。

ひこうじょうのじどうしゃ(幼児絵本シリーズ)

飛行場で働く様々な自動車を紹介する本。タラップのついたステップ車、荷物を積みこむベルトローダなど、それぞれの役割を絵を通して学べる。細かいところまで丁寧に描かれており、大人でも勉強になる親子で楽しめる1冊。

おにぎり(幼児絵本シリーズ)

シンプルにおにぎりの作り方を紹介している本で、焼きてごはんの「あつ、あつ。ふっ、ふっ」や、おにぎりを「ぎゅっ。ぎゅっ」と握る様子など、子供の興味をひく視点で描かれている。最後はごはんが全部隠れるくらいたっぷりと海苔をまいてできあがり!おにぎりを持ってついついお出かけしたくなる1冊。

おばけが ぞろぞろ(幼児絵本シリーズ)

ページをめくるごとにおばけが1匹出てくるストーリー。どんどんおばけが増えていくのだが、怖さもありながらもどこか親しみやすさもあって、おばけに興味が出てくる2歳児におすすめの1冊。

パパ、お月さまとって!

モニカがお月様と一緒に遊びたがったので、パパははしごをかけてお月さまを取りにいくことに・・・。絵仕掛けもたくさんあり、この本を読んでからお月さまを見たい!と子供が口走るようになると評判。飛び出しが大きいので、子供がペラペラとめくりながら楽しめることも魅力的。

カンカンカンでんしゃがくるよ(のりものだいすき)

電車や車の乗りものが好きな子供におすすめの1冊。踏切には次から次への電車や車がやってきて大忙し!短いお話だが、飽きずに最後まで読めると評判。中の絵もとてもかわいらしく、毎日の読み聞かせにもおすすめ。

ぜったいに おしちゃダメ?

ついボタンを押したくなる心理をついた、アメリカ発の超人気の絵本。「このボタンを押しちゃダメ」というルールを守れるか?という心理ゲームを楽しみながら、好奇心をくすぐられる1冊。ページごとにストーリーが展開していくので、子供はお腹をかかえて大笑い!何度も何度も読みたくなる、親子で楽しめる本。

今回ご紹介した2歳の男の子・女の子におすすめの絵本は、大人も一緒に楽しめる絵本を中心にご紹介しています。子供との会話を楽しみながら読み聞かせれば、きっと親子で楽しいひとときを過ごすことができるでしょう。

アクアクララ 子育てアクアお試しプラン